スクール方針

バレエを始めるにあたって

自分からバレエを始めたいと言い出してから、お連れ下さい。
自分の意志で始めることがとても大切です。

当スクールでは、第1次反抗期(2~4歳)が終わってから始められることをおすすめしております。
4歳以下のお子様はまだまだママから離れたくない年齢です。
この年齢から始めると、バレエは好きだけどママとは離れたくないというジレンマとこどもが葛藤しなくてはならなくなります。
また、ママも大変な思いをして通わせなくてはならなくなるので、親子ともに疲れ切ってしまいます。
お子様の発達段階に逆らわず、無理せず通える年齢になってから通っていただくことが大事だと考えております。

なお、小学2年生(8歳)までに始めることもおすすめしております。
8歳からはバレエに必要な姿勢を習得するために週2回レッスンにお越し頂いております。
週1回のレッスンでは将来(11~12歳頃)トゥシューズを履くために必要な筋肉が発達せず、トゥシューズで立つこともからだのバランスを保つこともできません。
そのため、8歳を超えている場合は1日でも早くお連れ下さい。

こどもの集中力の妨げになる為、レッスン見学はできません。
その代わり、保護者ノートを作成し、お子様の成長度合い、レッスンでの様子などを手書きでお知らせしております。
また、レッスン中に特に気になることがあった場合は、保護者様に直接お伝えさせて頂いております。

指導方法

★褒める
現在コーチング(指導法)やメンタルトレーニングの講習会の受講などを通し、褒める指導を実践しております。褒めることで生徒の自信、ポジティブ思考がうまれます。正しい動きをしたら褒め、違う動きをしたときには、正しい方法を教えます。

★怒るのではなく叱る
一生懸命取り組んでいるうえでの練習中のミスに関して、怒りません。ミスは褒めませんが、うまくいくためにはこういう方法があるなどの具体的なアドバイスをします。そして、アドバイスを実践してできたときに褒めます。

★社会的スキルを身につける
礼儀に反することや、約束を破る、お友達の嫌がることをする、レッスンの邪魔になるようなことをするようなときには叱ります。そして、叱られたことを改善した場合には、できたことを褒めます。

★やる気の出し方
生徒を否定しません。努力している生徒の努力の過程を認めます。
自己肯定感(自分を自分で認める感覚)を高めることで、強いメンタルを作ります。

★目標を目に見える形で定めます。(コンクール出場希望生徒)
年間計画表を渡し、目に見える形でいま何を目指しているのかを伝えます。小さい成功を積み重ねることで、大きな成功に繋げる自信になるように一緒に頑張ります。

保護者会

こどもクラスの保護者会はありません。
保護者様とは、LINEでやり取りさせていただいております。
重要なお伝えがある場合のみ年に数回お集まりいただいております。